STUDIO情報

かぷりす「宵街チケット」発売 特別インタビュー

かぷりす 宵街チケット

 

5/17、かぷりすのニューシングル「宵街チケット」リリースイベントが開催されました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

当日は物販を担当させていただきましたが、予想以上に皆さんに楽しんでいただいた様で、熱い思いを肌で感じることができてうれしかったです!

 

ちなみに……CD封入特典のトレカ、

コンプした人はいらっしゃいましたか?(チラッ

 

かぷりす 宵街チケット

 

 

さてそんな、かぷりすの新曲「宵街チケット」ですが、弊社WEBサイトでも販売開始となります!

 

 

かぷりす 宵街チケット

 

 

是非是非、手に入れてくださいね!

 

 

そして今回は、WEBサイト販売開始記念として、特別インタビューを掲載!

かぷりすの楽曲にかける想いをお届けします。

 

 

 

 


インタビュー 


 

 

JT:改めまして今日はよろしくお願い致します。

 

かぷりす:よろしくお願いします!

 

 

 

 

■デビューについて

 

JT:さて、まず最初に……“かぷりす”の誕生秘話を聞かせていただけますか?

 

蒼井:ユニットとしてデビューすることを目標としながら、まずは各々ソロアイドルとしてデビューしたんです。

そうすることで経験値を積んで行こうと。

 

岩﨑、嶋木:私たちが2016年9月からで

蒼井:私が2016年12月から……

鳴瀬:私は2017年2月からで。

 

蒼井:SHOWROOMはもう少し前からやっていたんですが、ソロ活動しながらユニットについても考えつつ。

 

JT:ユニット名なんかもそうやって考えた感じですか?

 

蒼井:はい。みんなで“かぷりす”に決めました。

響きが良いね、となって。意味も“気まぐれ”という……

何にもとらわれずに色々な楽曲を歌っていくというコンセプトにも合ってましたし。

 

嶋木:特定のコンセプトを持たないというコンセプトというか。

 

JT:確かに、他のアイドルさんは独自のカラーを明確に出してますよね。

そうする事でそれ以外の事がやりにくくなってしまう側面は確かにあります。

 

 

 

JT:さて、そうやって活動をしながら2017年7月に“かぷりす”としてデビューという事ですね。

デビューイベントはどうでしたか?

 

岩﨑、鳴瀬:すごく緊張しました。

蒼井:私はすごく感動しました。ずっとソロ活動をやってきてたので、やっとユニットとしてステージに立てた事が嬉しくて。

ユニットとしてスタートラインに立てたなーと。

 

かぷりす 宵街チケット

 

 

JT:そしてミニアルバム発表に繋がっていくんですね。

 

蒼井:最初は曲も3曲だったんです。だんだんと曲を増やしながらライブを重ねて

11月と今年の年始にレコーディングをして……

 

JT:ミニアルバムが出来た時はどうでしたか?

 

岩﨑:それまではソロ曲をDL販売してたんですけど、CDという一つの形になったのが嬉しかったですね。

 

蒼井:私は4人の声が一つの曲で聞けるのが大きかったです。

本来の “かぷりすの音”、4人の声、ハーモニーとして楽曲を聞いてもらえることが嬉しかったです。

 

JT:ミニアルバムの中では作詞もされてますね。

作詞はどうでしたか?

 

岩﨑:1番最初に私が作詞を始めたんですけど、難しかったです。

私、眠いキャラなんで(笑)眠い歌詞を書いたんですけど、みんなの曲が出来てきて「あれ、きちんと書かなきゃ!」みたいな。

初めての作業だったので、色々な人に助けてもらいながらなんとか書き上げました。

 

JT:楽しさも、難しさもありますよね。

 

蒼井:自分のボキャブラリーのなさに絶望しました(笑)

 

嶋木:一回ハマっちゃうと、そこから抜け出すのが難しくて。

最後まとめ上げるのは本当に苦労しました。

 

 

かぷりす 宵街チケット

 

 

■TokyoCandoll決勝出場について

 

JT:ミニアルバムの制作時期とTokyoCandoll出場は被っていたんですか?

 

蒼井:そうですね。ミニアルバムリリース前からの出場です。

 

JT:ちょうど一緒にシングルを作りましょうというお話が出てたので、勝ち進む過程はずっと気になっていました。

改めて2位おめでとうございます。

 

みんな:ありがとうございます!

 


 

Tokyo Candoll

Japan Expo内ライブメインステージへの出演権を争うアイドルイベント形式のトーナメント大会。

http://www.tokyocandoll.com/

 

全国、関東大会、関西大会、九州大会の3箇所150組が参加し、かぷりすはファイナリストとなり、2位に輝いた。

 


 

 

 

JT:勝ち上がってく過程、各イベントはどうでしたか?

 

嶋木:大会は現場投票のみで、見に来てくれたお客さんが3票もっているんです。

ライブを見てもらって、投票してもらって……得票数が多いグループが次の大会へ勝ち進んでいくといった感じで。

 

JT:決勝は何組出場だったんでしょうか?

 

嶋木:勝ち残り10組と敗者復活の1組とで、11組出場ですね。

 

JT:なるほど。

僅差で惜しくも2位ときいてます。

決勝大会でパフォーマンスをしてみて手応えとかはあったんでしょうか?

お客さんの反応から「みんな盛り上がってくれてる!もしかして?!」みたいな。

 

蒼井:そこまで自信はなかったです。当日、他の出場者のライブを見れなかったんですよ。

なので比べてどうとかはなくて……

 

嶋木:今までのライブでもそうでしたけど、自分たちの立ち位置とかそういうのを意識してこなかったので、今回の2位という結果は驚いたのと嬉しかったのと。

 

岩﨑:2位っていう結果にはみんな驚いたよね。あれ?投票時に書き間違えたのかな?とか(笑)

 

蒼井:でも、こうやって結果として出てくると自信にもつながるし、モチベーションも上がるので、今思えば大きな大会だったなと思ってます。

 

 

 

■宵街チケットについて

 

かぷりす 宵街チケット

 

 

JT:そんな中で宵街チケットの収録を迎えたわけですね。

最初のデモを聞いてみての印象とかいかがでしたか?

 

蒼井:デモの段階から大好きでした。

 

JT:ありがとうございます(照)

 

岩﨑:私も。いくつかデモ曲をいただいたじゃないですか。その中で1番好きだな、と。

全曲いいなぁとは思ったんですけど、選ばなくちゃいけないって(笑)

 

JT:そういっていただけると、本当に嬉しいです。

歌収録はどうでしたか?

 

岩﨑:難しかったー

嶋木、鳴瀬:難しかったー

蒼井:私は歌いやすかったですね(笑)

今まで個々でレコーディングしてきましたけど、4人同時に別ブースで録る形も新鮮でしたし。なんかライブっぽくノレました。

 

JT:こちらも4人が仲良さそうに、だんだんと盛り上がっていく感じが楽しかったです。

さて、楽曲についての感想はありますか?歌詞とか含めて。

 

蒼井:「きっとさ 明日があるさ 笑えば大丈夫さ」とか、元気をもらえる感じが盛り込まれていて、自分的に好きな歌詞です。曲もお祭りっぽい感じで。

 

岩﨑:私も同じところが好きです。「今がすべてさ 笑えなきゃもったいない」とか。

自分でも常に思ってることなのですごく共感できたし、今後もそうありたいなと思います。

あと特徴的なメロディとか、綺麗なイントロとか、何回も聞きたくなります。

イントロは綺麗なのに、その後がちょっとコミカルで盛り上がる所とか。

 

かぷりす 宵街チケット

 

 

蒼井:そうそう。デモの時からあのノリが好き。

 

鳴瀬:私は「呑めや唄えや 独りで困ってないで」とか。

嶋木:被った(笑)

鳴瀬:(笑)私、リリコちゃんと被ったから、一生懸命考えて出したら被っちゃった(笑)

 

嶋木:「独りで困ってないで」とか、いつも一人でもやもやしている事が多いので、グサっと刺さりました。

 

JT:タイトルも最後、どうしようかってみんなで悩みましたよね。

結果「宵街チケット」になりましたが。

 

蒼井:これに決まりましたって連絡をもらった時に、ストンと腑に落ちた感じがしました。

みんな:うんうん。

 

JT:デザインの兼ね合いもあったりして、最後はこちらで決めさせていただきましたが……

 

蒼井:そうそう、ジャケットのタイトルロゴとかすごくかわいい

岩﨑:このチケット欲しい!みたいな(笑)

 

JT:振り付けも楽しみです。

興味本位なんですけど、どんな振り付けなんですか?

 

蒼井:キャッチーだよね。

岩﨑:めっちゃ右手動かします(笑)

 

JT:え?右手を動かすという事は、左手でマイク持つんですね……

あれ?皆さん利き手って……左利き?

 

岩﨑:基本、マイクは左手で持つんですよ!

 

JT:え?そうなんですか?!

 

岩﨑:利き手で振りをするんで、マイクは左手で……

ステップとかも軸足は利き足じゃない方だから、左足軸になるんです。

 

JT:!!なるほど!納得です。知りませんでした(笑)

 

鳴瀬:私は左利きなので、アレ?とかなったりする時があります。

そこまでダンスとかやってこなかったので、そもそも得意じゃないだけかもしれないんですけど(笑)

 

 

 

かぷりす 宵街チケット

 

 

JT:振り付けも含めてで、ライブで盛り上がると良いですね。

本当にお客さんがどういう反応をするか楽しみです。

 

 

 

 

■今後の目標

 

JT:それでは締めに、TokyoCandoll2位、ミニアルバム発売、シングル発売というタイミングですし、今後の目標や野望なんかを。

 

 

岩﨑:この曲をもっといろんな人に聞いてもらえるように、かぷりすをもっと知ってもらえるように、いっぱいライブに出たいです。

 

蒼井:フェスとか、本当にいっぱい出たい!

アイドルファンだけではなく、いろんな人に自分たち・楽曲を知ってもらって、その上でワンマンライブを行うのが今の目標です。

 

岩﨑:もっとたくさんの人を魅了できるグループになりたいです!