利用者の声

全力少女R~スペシャルインタビュー~

IMG_5077_re

 

 

「Ru:Run」と「流星群少女」が合体して誕生したアイドルグループ、「全力少女R」。

年齢も出身も違う7人が生み出す魅力に、JTスタジオ秋葉原が迫る。

 

 

 

全力少女Rが結成された当時と、今現在とで心境の変化はありますか?


 

R001

 

舞花  最初は、みんな敬語で……。

一同  『ああ~』

舞花 「おはようございますー!」みたいな感じだったんですけど、今はもう全くね。

佐藤 ね、使わないよね(笑)

一同 『(笑)』

舞花 私はこの中では年齢が下なので、敬語使わなきゃっていうのがあったんですけど……。

江室 いや絶対思ってないよね?(笑)

一同 『思ってない思ってない(笑)』

岡崎 そんなタイプじゃない(笑)

舞花 え、なんで?(笑)

佐藤 でも最初はやっぱ合体したから、ちょっと4:3で別れちゃうことが多かったんですけど、でももう最近は全然ないよね。

一同 『うん』

-すでに一つのチームとして、まとまってきた感じがあるということですね

一同 『はい!』

 

 

 

今後どういったところでライブをやりたいですか?


 

R002

 

舞花 福岡の地元に行くっていうのもできてなかったんですが、それができたってのもあったんで、今度は逆に、メンバーの凱旋とか関係なしに行ったことない県に行くっていうのが、すごい私的にやりたいなっていうのがありますね。

-今までツアーでいったのは、東名阪と福岡?

岡崎 いや、結構……。

江室 仙台とか。

岡崎 新潟も行きました。

佐藤 それぞれの地元、はるひちゃん(山下さん)の鳥取にも行ったし。

山下 でもまだ行ったことないところもあるし、北海道とか沖縄とかにも行きたいですね。

舞花 あと、私的に海外にも。

一同 『ああ~(笑)』

-そうですよね。海外でも盛り上がってますしね

江室 あと、えり茶(佐藤さん)の地元の……。

佐藤 そう、地元の静岡にはまだ行けてないんですよ。だからそこには行きたいな、って。で、みんなで【さわやか】を食べて……。

-ハンバーグの(笑)

佐藤 そう、ハンバーグ屋さんがあるの。

-美味しいと話題の

佐藤 そこにいきたいなって。

舞花 ハンバーグのために?

佐藤 そう。

一同 『いやいやいや(笑)』

江室 ライブのためじゃないのそこは(笑)

 

 

 

上京して、もう東京に慣れましたか?


 

R003

 

一同 『それよく聞かれる(笑)』

-そうですよね(笑)。良いこと悪いこと含めてどうですか?

岡崎 私と舞花は上京してまだ半年経ったくらいなんですよ。まだ全然慣れないです。電車とかも線がいっぱいありすぎて迷っちゃうし、駅もでかい!みたいな。

-出口わかんないですよね

舞花 東に西にいっぱいある(笑)

江室 それはわかるすごいわかる(笑)

岡崎 私、山口で田舎だったんですけど、コンビニとかがすごく遠くて、車で10分とかなんですよね(笑)。でも東京はすごく便利で……。

-駅前に3軒も4軒もありますもんね

岡崎 そうなんですよ!歩いて行けるっていうのが素晴らしいなって思いました(笑)

一同 『(笑)』

百川 確かになんでもあるよね。

一同 『なんでもある。』

-やっぱりそういう差を感じます?東京すごか~みたいな

一同 『はい、感じます(笑)』

佐藤  すごいよね~。

江室  ね、すごい。

 

 

 

ラーメンショーサポーターとしてもご活躍されていますが、好きなラーメンの味はなんですか?


 

 

舞花 私、福岡出身なんですけど、絶対博多とんこつがいいです。

佐藤 私も福岡のメンバーがいたから、福岡に行くことが多くなって、博多ラーメンを食べるようになったら、めっちゃ大好きになりました。

舞花 逆に醤油を食べたことなくて。 とんこつラーメンしか食べたことないから……。

江室 え、そうなの?

舞花 ほんとに。

佐藤 わかんないじゃん、わかんないよたぶん。

山下 これから、ね。これからラーメンショーで食べて、どれが本当に好きなのか。

江室 私は、割とこってりのほうが好きかもしれないです。細麺が好きです!

佐藤 細麺おいしいよな~。

一同 『おいしい!』

江室 今回のも、狙ってる。細麺を(笑)

山下 全然関係ないんですけど、ちゃんぽん麺、長崎で食べたことあるんですよ。めっちゃ美味しくて!長崎のちゃんぽん麺が。

-ちゃんぽんってラーメンになるんですかね?

江室 どうなんだろ、「ちゃんぽん」は「ちゃんぽん」みたいな。

山下 「ちゃんぽん」は「ちゃんぽん」のジャンルなんですかね。

江室 じゃない?たぶん。

佐藤 だって、ないじゃん、ラーメンショーに。出てこないじゃん。

百川 あー確かに。見たことないわ。

佐藤 ないよね。

百川 私家系が好きです。神奈川県なので。

一同 『ああー』

百川 あたし細麺……(苦手)

-逆に?

佐藤 太麺が好きなの?

百川 うん。

江室 イメージある(笑)

舞花 確かに百晴さんは太麺の感じがする(笑)

百川 なんで!(笑)

一同 『(笑)』

岡崎 私は醤油の細麺が好きです。あと、固め。

一同 『へえ~』

江室 私固めとか、ムリムリ!

舞花 バリ固だっけ?

岡崎 博多はバリ固があるんですよ。ハリガネまである。

江室 ハリガネ!?何ハリガネって!

舞花 ほぼ茹でない、みたいな。

岡崎 なんかスッ、みたいな感じとか 。

江室 スッなの!?(笑)

舞花 湯気だけのやつとかあるよね。

岡崎 そうそうそう。

舞花 湯気だけ通すやつ。

江室 信じられない……。

佐藤 パリッパリじゃないの?それって。

舞花 ほんとにパリパリ。

岡崎 でもさ、食べとけばだんだん柔らかくなるから、最後のほうはちょうど良くなる。

江室 ラーメンショーって結構数があるんで、どれにするか悩みますね。

佐藤 結構あるよね。

舞花 何十種類くらい。

-全部食べるわけにはいかないですもんね

一同 『(笑)』

岡崎 でもね、私、「制覇しなさい」って言われて。

江室 そうなの!?あはは(笑)

岡崎 「絶対えりなは制覇しなよ?」みたいな(笑)。でも無理じゃない?「一体一日何杯食べればいいの!?」みたいな(笑)

江室 違うのを頼んで、みたいにしないと。

百川 シェアする。

一同 『うんうん、そうだね』

佐藤 みんなでシェアすればいけるよ。だって7人でしょ?

山下 いけるよ。

百川 いけるね。

佐藤 二日くらいでいけるよ、たぶん(笑)

江室 昼、夜って食べたりするからね。

岡崎 やばいね(笑)

-ラーメンばっかになっちゃう(笑)

江室 ラーメンショーシーズンはもう……。

一同 『ラーメン!(笑)』

-でもラーメン好きなんですよね?

一同 『好きです!』

-じゃあちょうどいいですね(笑)

 

R004

 

-百川さんは何度かラーメンショーサポーターになってますけど、印象に残ってるエピソードはありますか?

百川 3回目かな。毎回印象に残ってるんですけど、私的に一番覚えているのは……2年前に「流星群少女」と対バンしたんですよ。ラーメンショーで。

岡崎 そうなんですよね。

百川 その時のことすっごい覚えてます。

岡崎 私もすっごい覚えてる。

百川 ね。

岡崎 「流星群少女」がライブをしてる時に、端のほうで百晴さんが「プログラムハレーション」っていう曲を踊ってたんですよ!それがちょっと見えて、「この子踊ってる!!」みたいな(笑)。すごいって思って。

百川 そのステージで今年、私たちがその曲を歌うって思うと感慨深いっていうか。

岡崎 ね、なんかね!

-縁を感じるというか?

百川 そうですそうです。

 

 

 

前身ユニットで、今やってみたい曲はありますか?


 

 

百川 ある!「だって流星群だもん」やりたい。

一同 『ああ~』

佐藤 やるとしたら名前変えるのかな?

一同 『だって全力少女Rだもん(笑)』

江室 長い!(笑)

百川 合わないね、語呂が(笑)

岡崎 私は「Yes I can!!!」(青春!トロピカル丸の曲)とか

佐藤 Ru:Runのときにやってた曲だ。

岡崎 あと、「あの、私誕生日なんですけど」をやりたいんですよ。誕生日をお祝いする曲なんですけど、生誕祭とかあるので3月にいっぱいあるんですよ。(全力少女Rのメンバー7人中4人が3月生まれ)

江室 そう、4回もある(笑)

岡崎 だからその前には、できたらやりたいな、っていう気持ちがありますね。

江室 結構やりたい曲ってあるよね。

一同 『あるある』

佐藤 あとあれやりたい。「メリリリリリリリクリスマス!」(流星群少女の曲)

岡崎 私はRu:Runのクリスマスの……。

舞花 したい!うちもRu:Runのやつ!

佐藤 どっちのユニットもクリスマスの曲があるんですよ。だからいいかなあ、みたいな(笑)

舞花 もう両方やっちゃう?(笑)

山下 クリスマスまでに覚えてさ。

一同 『(笑)』

 

江室 私は百晴さんがやってた春トロ(青春!トロピカル丸)さんの「恋のS.O.S」とか。

百川 あ~、かわいいやつ。

佐藤 「ラブラブダーリン(謎だらけLOVE×2 DARLING)」(青春!トロピカル丸の曲)とか。

江室 そうそう。やりたいですね!

一同 『うんうん』

 

R005

 

 

 

JTスタジオの印象はどうでしたか?


 

一同  『綺麗!すごく綺麗!めっちゃ綺麗!』

江室 いや、ほんとのレコーディングスタジオというか(笑)

-(笑)

江室 有名な人がやってるような……。映像を見ていたところに自分が来ているみたいな、すごい感覚です。

-楽しんで歌っていただけましたか?

一同 『はい!楽しめました』

-ありがとうございます!

 

R006

 

 

 

 

最後にファンの方にメッセージをお願いします。


 

全力少女Rとしての曲がまだ2曲しかなくて、それぞれRu:Runと流星群少女の曲があったんですけど、その中でセカンドシングルとして新たに2曲、自分たちの曲ができるっていうのがすごくうれしくて、スタジオレコーディングまでさせていただいて……。
やっぱりもっと勢いづいていかなきゃいけないポイントだと思うので、たくさんの方にこの曲を聞いていただけたら嬉しいなと思います。

 

 

last_2

 

IMG_5067_r

(上段左から)廣川かのん、江室里香、百川晴香、佐藤絵里香

(下段左から)舞花、岡崎絵理菜、山下はるひ

 

 

 

 

 


 

2ndSingle「ギリギリ勝負のトラディション」

2016.12.14 Release

 

2ndSingle

 

1.ギリギリ勝負のトラディション 作詞・作曲・編曲:ジョン・スミス

2.生まれたてのラブソング 作詞・作曲・編曲:ジョン・スミス

3.ギリギリ勝負のトラディション(instrumental)

4.生まれたてのラブソング(instrumental)

 

【Type-A】 JANコード:4562244380561 品番:shining -K-18
【Type-B】 JANコード:4562244380578 品番:shining -K-19

価格 :¥1,000 (税抜)

 

4月23日に活動開始した「全力少女R」。彼女たちは東京の「Ru:Run」と福岡の「流星群少女」の事務所と活動拠点を超えた奇跡の合体により誕生した7人組アイドルユニット。
6月には路上ライブで全国8都市を巡り、8月には早くも東京・大阪・名古屋の3都市でのワンマンツアーを大成功させた。
活動開始から怒涛の勢いで活躍する彼女たちが待望の2ndシングルをリリース!
12月14日(水)に発売の2ndシングル「ギリギリ勝負のトラディション」は、『ギリギリ』をキーワードに、お互いのギリギリとギリギリを出し合いもっと高みに行こう!とメッセージ性の強い歌詞、彼女たちにしかできない遊び心満点の曲、疾走感溢れるロックテイストの曲になっている。
カップリング曲の「生まれたてのラブソング」は、全力少女Rにはいままでなかった、等身大の女の子の秘めた恋心を歌う、胸キュンソング。爽やかで甘酸っぱい曲調はまるで青春の初恋のような曲になっている。

 

【全力少女R公式サイト】 http://zenryoku-r.com/

【シャイニングウィル】 http://www.shining-will.co.jp/